未分類

ワールドラバーマーケット(WRM)とは何か?卓球レアアイテムショップです。

wrm

ワールドラバーマーケット(WRM)とは何か?という話を解説していきます。

ネタバレすると、知る人ぞ知る「卓球のレアアイテムショップ」です。

ワールドラバーマーケット(WRM)とは何か?卓球レアアイテムショップです。

wrm

ではワールドラバーマーケット(WRM)とは何か?という話をしていきます。

公式サイトからの表現を引用すると「日本で販売されていないITTF公認の海外ラバーをメインに取り扱うお店」、それがWRM。

要は、卓球のレアアイテムショップです。

店主の誰も知らないラバーで魔球が打ちたい!という思いから生まれたというこのショップですが、まさに商品はピンキリで目利きは必要なものの知る人ぞ知る名店として知られています。

ワールドラバーマーケット【WRM】の魅力!圧倒的な希少性

で、このワールドラバーマーケットのすごい点なんですが、ラバーの種類がとにかく豊富でマイナーという点に尽きます。

日本ではNittaku、バタフライ、TSP、ヤサカあたりがメインですが、WRMでは全然聞いたことのない海外メーカーのラバーが並んでいます。

紅双喜あたりは狂飆シリーズなどで知っている人もいるかもですが、WRMではこれだけでなく、銀河製品、ホールマーク、Dr.Neubauerなどの日本ではまず見ないメーカーが勢ぞろい・・・!

ぶっちゃけ得体の知れないラバーもあってガチャ感もあるんですが、その辺はWRMの動画とかもあり使用感をレビューしてくれているのでそれをみるのもおすすめです。

ワールドラバーマーケット(WRM)の評判!使いこなせば強いが・・・

続いてはワールドラバーマーケット(WRM)の評判についてです。

WRMでは日本国内では流通していない中国ラバーを独自で仕入れてきて売るというスタイル。

うまくやれば他のライバルが見たことのない魔球を打てる一方で、参考にすべき動画がないなどの道なき道を行かねばならない面も否めません。

結果として評判は結構意見が分かれているようで、具体的にはこんな感じ。

2chではWRMの評判が悪かったのなんで?
WRMは個性が強いラバー、ラケットが売られています。だから、合う人には合うけど合わない人には合わないものが多いという印象が強いです。
300円ラバーの銀河製品は 誰がどう使おうと酷いです

国内ならまあこのくらい以上だろう・・みたいなリミットは解除されているので目利きは必要そう!

ワールドラバーマーケット【WRM】は楽天にある!手を出すかどうかはあなた次第だ!

という感じがワールドラバーマーケット【WRM】です。

上級者向けの卓球ショップではありますが、逆に経験の少ない初心者のときこそ、アイテム力の差で相手を圧倒できる可能性もあり、WRMに手を出してみるのも良いかもです。

ちなみにWRMは楽天にも出店しているので楽天市場からWRMの商品を購入することができます

興味ある方はぜひどうぞ!

ではまた。良い卓球ライフを!