ラバー

左利きにおすすめな卓球ラバー「サーブマン」とは?

卓球において左利きは右利きと結構戦型が変わることが多いです。

左利きはサービスからの3球目攻撃!というパターンや回り込んでのカウンターが多いと言われています。

ということは、ラバーにおいても右利き用と左利き用で違いがあるのではないか??

そう考えて調べてみたところ、ドイツに左利き用のラバーがあることがわかりました。

そこで今日は、左利き用ラバー「サーブマン」について紹介していきます。

左利きと右利きの戦型の違い

まずは左利きと右利きの戦型の違いを簡単に紹介します。

卓球のシングルスにおいては、コート的には左右対称ですが(ダブルスはサービスが右のフォアクロスなので左右非対称)、多くのプレイヤーが右利きであるがゆえに、左利きは右利きとは違ったプレイを求められることが多いです。

具体的には、左利きのフォアサービスは右端から打つことになり、右利きの相手のフォアクロスに入ることが一般的です。

すると、コートの対角線を通ってくるような軌道となり相手はそのサービスを2球目でドライブ攻撃するのは難しい。

結果として、ストップやフリックなどを使うことになります。

そして、左利きの3球目としては、相手がそのサービスをクロスに打ってもストレートに打っても、自分はすでにコートの右端にいるのでフォアハンドでの打球が可能となります。

よって左利きは3球目の攻撃がしやすいのが特徴で、サービスからの3球目!というパターンを得意とする選手が多いです。

左利きにおすすめのラバー「サーブマン」とは?

という流れの中で、左利きにおすすめなラバーとしては、以下の特徴を兼ね備える必要があります。

  • サービスでめっちゃ回転がかかる
  • 3球目攻撃の際のスマッシュスピードがはやい

そんな回転もスピードも出せるラバーなんてあるんかい!と思うかもですが、これがあって、それがドイツラバーの「サーブマン」というやつ。

serveman-raber

この「サーブマン」の特徴としては、以下の通り。

ブロックがカウンター級に速い!

回転がめっちゃかかる!

バッチリですね!

しかも球離れがはやいのでサービスでもスピードがめっちゃでて、ロングサービスがオーバーしがちというハイテンション系の弱点ももれなく克服!

カウンタードライブとかにもおすすめです!

左利き特有の戦型を得意としている方はぜひこの「サーブマン」を試してみてはいかがでしょうか。

値段は4200円、WRMで購入可能です。

ではまた。よい卓球ライフを!